新着情報

真言宗のお葬式

真言宗のお葬式

真言宗は、平安時代に空海(弘法大師)によって開かれた仏教の一派です。真言宗では「密教」を基盤とする独特な葬儀が行われます。 ・故人を大日如来の支配する「密厳浄土(みつごんじょうど)」に送り届けるための儀式 ・今世で身についた悪い考えや習慣を落とすための儀式 ・灌頂(かんじょう)と土砂加持(どしゃかじ)という特徴的な儀式がある 灌頂(かんじょう)➡故人の頭に水をそそぎかける儀式。仏の位にのぼることができるとされており...

真言宗のお葬式②

真言宗のお葬式②

↓三礼(さんらい):三礼文を唱えることで仏・法・僧への礼拝を行う↓表白(ひょうびゃく)・神分(じんぶん):大日如来をはじめとするさまざまな仏・菩薩に感謝を捧げ、加護を願い、故人の滅罪を願う↓声明(しょうみょう):仏典に節をつけた仏教音楽のこと↓授戒作法:仏僧に帰依することを宣言し、剃髪、授戒、授戒名により故人を帰依させる ↓引導の儀式:再び表白・神分を行う。不動灌頂・弥勒三種の印明を授け、故人の即身成仏が果たされる ↓...

天台宗のお葬式

天台宗のお葬式

「天台宗」は、非常に長い歴史を持っています。平安時代に最澄によって開かれた仏教の宗派であり、大乗仏教に分類されています。「すべての人間はみんな、仏の子どもである」という視点を持っています。また、「真実を求め、追求する心があれば、それが悟りに繋がるのだ」という考え方を有している仏教でもあります。天台宗を象徴する言葉のうちの一つとして「一隅を照らす」というものがあります。これは「自分自身が輝くことで、周りの人も明るく...

天台宗のお葬式②

天台宗のお葬式②

天台宗の葬儀においては(1)顕教法要(2)例時作法(3)密教法要の3つが重要視されます。天台宗の掲げる経典は、法華経です。(1)の顕教法要では、この法華経を唱えることによって、日々の懺悔を行います。人はみな仏の子どもでありその身の内に仏性を宿しているので、懺悔することでこの仏性を高めるとしているのです。「例時作法」は、お経を唱えることによって、死後に極楽に行くことを祈願するものです。また、お経を唱えることで、現世もまた極楽のよ...

天台宗のお葬式③

天台宗のお葬式③

天台宗の焼香は基本3回とされています。合掌礼拝をした後、右手の3本の指(親指と人差し指と中指)を使って抹香をとります。その後、右手に左手を添えて額にいただき、焼香します。これを繰り返したのち、再度合掌礼拝を行います。 あくまで一つの基準にすぎません。天台宗においては、焼香の回数も明確には決められていないので、1回でよいとするケースもあります。天台宗では一般的な数珠とは異なり、楕円形のかたちをした平たい数珠です。一般的...

臨済宗のお葬式②

臨済宗のお葬式②

導師が入場し、その後で剃髪(ていはつ)を行います。これは髪の毛を剃る儀式ですが、現在は「カミソリをあて、剃る素振りに留められて」います。この後「懺悔文(ざんげもん)」と呼ばれる行程です。亡くなる前後に、今までの人生の行いを悔いたり、罪の許しを乞うたりすることは世界各国の宗教で見られることですが、臨済宗でも同じように行います。そののち、仏の教えに帰依することを誓う「三帰戒文(さんきかいもん)」、浄めの儀式である「三...

臨済宗のお葬式③

臨済宗のお葬式③

1.仏前で合掌し、礼拝する 2.抹香をつまみ、香炉に入れる 3.合掌して礼拝する これが一連の流れです。 臨済宗において、焼香は1回だけにするのが基本です。

臨済宗のお葬式

臨済宗のお葬式

臨済宗は「禅宗」の一つに分類されており、鎌倉時代に伝わったといわれています。「禅問答」という言葉もありますが、自分自身と語り合い、自分自身を見つめることで悟りを開いていくという考え方があります。葬儀は大きく分けて、授戒(仏門に入るために、戒律を授けること)・念誦(ねんじゅ。経典などを口にすること)・引導(導師が亡くなった方を仏門に導き入れること。浄土に旅立たせること)によって構成されています。特に引導においては、...

曹洞宗のお葬式曹洞宗の③

曹洞宗のお葬式曹洞宗の③

焼香台に進む↓ 焼香台の2、3歩程度手前で立ち止まり、ご本尊、遺影、位牌に軽く一礼↓ 焼香台まで進み、右手でお香をつまむ↓ 軽く左手を添えて額に押しいただき、念じてから焼香をする(正念)↓ 1度目に焼香したお香のそばに2度目の焼香をする(従香(じゅっこう))2度目は額に押しいただかない↓数珠を両手にかけ、合唱・礼拝 曹洞宗では、「御霊前」または「御香典」を使用します。筆ペンを使用し、水引の下中央に差出人名をフルネームで記載...

曹洞宗のお葬式②

曹洞宗のお葬式②

〈授戒で行う儀式〉 ・酒水(しゃすい):清い水を手向ける ・懺悔文(さんげもん):生涯で犯した罪を反省する ・三帰戒文(さんきかいもん):仏陀の教えを守り、修行者として帰依することを誓う ・三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)・十重禁戒(じゅうじゅうきんかい):導師が用意した法性水を故人の頭や位牌に注ぐ ・血脈授与(けちみゃくじゅよ):血脈を霊前に供える。血脈とはお釈迦様から故人へと続く仏法の系譜を記したもののこと

ご葬儀プラン
火葬式プランイメージ
火葬式プラン
17万円~
一日葬プランイメージ
一日葬プラン
43万円~
家族葬プランイメージ
家族葬プラン
43万円~
あん新プランイメージ
あん新プラン
ご遺族負担なし
自社ホールのご紹介・
アクセスマップ
  • 自社式場のご紹介
  • 寺院・斎場のご案内
事前相談をご検討の方へ
相談・お見積もり無料

葬祭ディレクターがしっかりとお話を伺います。不安に思っていることは何でもお聞きください。

もしものときの安心ダイヤル

0120-136-841

お支払いには各種カードを
ご利用いただけます。

Visa MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
PAGE TOP