新着情報

古代のお葬式 殯(もがり)

古代においては人が死んでも直ぐに埋葬したりしないで期間をかけて(長い場合は白骨化まで)死者の鎮魂をしていた例が見られます。これを殯(もがり)と言います。そこでは、死者を生きているように丁重に扱い、共に食事をし、死を嘆き悲しみ、歌い踊って死者の霊を慰める儀礼が行われていました。現代の様に医師がきちんと死を判定するのとは異なり、古代においては死が、いつか?必ずしも特定する事ができませんでした。ですから死んだと判ってからも、遺体を処理してしまうのではなく、一定期間は生きているかのように扱ったのです。このように、殯(もがり)とは生と死の境界線の期間であったと言えます。

ご葬儀プラン
火葬式プランイメージ
火葬式プラン
17万円~
一日葬プランイメージ
一日葬プラン
43万円~
家族葬プランイメージ
家族葬プラン
43万円~
あん新プランイメージ
あん新プラン
ご遺族負担なし
自社ホールのご紹介・
アクセスマップ
  • 自社式場のご紹介
  • 寺院・斎場のご案内
事前相談をご検討の方へ
相談・お見積もり無料

葬祭ディレクターがしっかりとお話を伺います。不安に思っていることは何でもお聞きください。

もしものときの安心ダイヤル

0120-136-841

お支払いには各種カードを
ご利用いただけます。

Visa MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
PAGE TOP