新着情報

真言宗のお葬式

真言宗のお葬式

真言宗は、平安時代に空海(弘法大師)によって開かれた仏教の一派です。真言宗では「密教」を基盤とする独特な葬儀が行われます。
・故人を大日如来の支配する「密厳浄土(みつごんじょうど)」に送り届けるための儀式
・今世で身についた悪い考えや習慣を落とすための儀式
・灌頂(かんじょう)と土砂加持(どしゃかじ)という特徴的な儀式がある
灌頂(かんじょう)➡故人の頭に水をそそぎかける儀式。仏の位にのぼることができるとされており、密教特有の儀式です。土砂加持(どしゃかじ)➡洗い清めた土砂を火で焚き(護摩)、光明真言を本尊の前で唱えた後に、この土砂を遺体にかけて納棺するもの。この土砂には苦悩を取り除き、遺体にふりかけることで体が柔軟になるとされています。滅罪生善(めつざいしょうぜん)と呼ばれる行為です。真言宗葬儀の式次第 真言宗の葬儀の流れについて見ていきましょう。僧侶の入場・法要前の密教の準備の行法
塗香(ずこう)、三密観(さんみつかん)、護身法(ごしんぼう)、加持香水(かじこうずい)の法

ご葬儀プラン
火葬式プランイメージ
火葬式プラン
17万円~
一日葬プランイメージ
一日葬プラン
43万円~
家族葬プランイメージ
家族葬プラン
43万円~
あん新プランイメージ
あん新プラン
ご遺族負担なし
自社ホールのご紹介・
アクセスマップ
  • 自社式場のご紹介
  • 寺院・斎場のご案内
事前相談をご検討の方へ
相談・お見積もり無料

葬祭ディレクターがしっかりとお話を伺います。不安に思っていることは何でもお聞きください。

もしものときの安心ダイヤル

0120-136-841

お支払いには各種カードを
ご利用いただけます。

Visa MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
PAGE TOP