新着情報

天台宗のお葬式③

天台宗のお葬式③

天台宗の焼香は基本3回とされています。合掌礼拝をした後、右手の3本の指(親指と人差し指と中指)を使って抹香をとります。その後、右手に左手を添えて額にいただき、焼香します。これを繰り返したのち、再度合掌礼拝を行います。
あくまで一つの基準にすぎません。天台宗においては、焼香の回数も明確には決められていないので、1回でよいとするケースもあります。天台宗では一般的な数珠とは異なり、楕円形のかたちをした平たい数珠です。一般的には、108個の「主玉」と4つの「天玉」、そして1つの「親玉」が連なっており、親玉からさらに紐が伸びています。その紐には「弟子玉」が連なっています
天台宗の数珠は、親指と人差し指の間にひっかけるようにして持ちます。そして、弟子玉が連なっている部分を下側に垂らして礼拝することになります。

ご葬儀プラン
火葬式プランイメージ
火葬式プラン
17万円~
一日葬プランイメージ
一日葬プラン
43万円~
家族葬プランイメージ
家族葬プラン
43万円~
あん新プランイメージ
あん新プラン
ご遺族負担なし
自社ホールのご紹介・
アクセスマップ
  • 自社式場のご紹介
  • 寺院・斎場のご案内
事前相談をご検討の方へ
相談・お見積もり無料

葬祭ディレクターがしっかりとお話を伺います。不安に思っていることは何でもお聞きください。

もしものときの安心ダイヤル

0120-136-841

お支払いには各種カードを
ご利用いただけます。

Visa MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
PAGE TOP